国内銀行

法人保険用語辞典

国内銀行

国内銀行とは

金融統計作成上、日本銀行が創設した金融機関の集計概念であり、「銀行本体の設立根拠が国内法に準拠している銀行」と定義される。日銀では、従来金融統計作成上、「全銀協加盟銀行」を「全国銀行」と定義し、これを主たる集計概念として用いてきたが、近年、徐々にウエートを高めている信託銀行子会社や外銀信託を加えたよりカバレッジの広い集計概念である「国内銀行」概念を創設した。「民間金融機関等諸鑑定」の国内銀行ベースの計数が、日本銀行作成の「経済統計月報」1996年3月号に掲載されたのを初めに、その他の日銀作成金融統計も逐次国内銀行ベースに移行されている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。