国債流動化

法人保険用語辞典

国債流動化

国債流動化とは

金融機関に対する国債売却制限の緩和。1975年度以降の国債大量発行と市中残高の累増を背景として、シ団金融機関の間に引受国債の売却自由化を求める声が強まり、77年以降国債売却制度が段階的に緩和された(現在、売却制限期間は、投資勘定分は10日程度、商品勘定は撤廃されている)。国債流動化が進展したことにより、国債売買高は急速に拡大し、国際流通利回りも需給等の市場環境を敏感に反映して変動するようになった。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。