固定資産対長期資本比率

法人保険用語辞典

固定資産対長期資本比率

固定資産対長期資本比率とは

貸借対照表による財務比率の一つ。固定比率を補う役割を持ち、固定資産を資本、固定負債の合計で割り、100を掛けて求める。固定比率で100%を超える場合でも、分母に固定負債を加えたこの比率でみると、100%以下という場合もある。設備の投資額、自己資本などの現状から、この比率の方が固定比率よりも説得的との見方もある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。