固定比率

法人保険用語辞典

固定比率

固定比率とは

貸借対照表による財務比率の一つ。固定資産を資本で割り、100を掛けて表示する。これは固定資産に対して資本が投入されている度合いを示している。固定資産に投入された賃金は長期間にわたって固定されるわけだから、自己資本を使うことが望まれている。この比率は100%以下が理想とされている。固定資産を自己資本以下にとどめておくのが望ましいことを物語る。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。