団体扱契約

法人保険用語辞典

団体扱契約

団体扱契約とは

契約者が団体(会社、官公署など)に勤務し、その団体から給与の支払を受けている場合、団体が保険料を契約者の給与から差引いて保険者に支払う方式の契約のこと。

この契約は、原則として、同一団体に一定数以上の契約者がいる場合に認められ、契約者に対しては、割増なしで保険料を12回または6回の分割払とする利便が与えられる。団体自体が契約者となって締結される団体契約と区別される。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。