営業循環基準(operating cycle rule)

法人保険用語辞典

営業循環基準(operating cycle rule)

営業循環基準(operating cycle rule)とは

貸借対照表で、資産を流動資産、固定資産に、一方、負債を流動負債、固定負債に区分する基準の一つ。まず資産からみると、企業の主目的たる営業取引により発生した債権、たとえば受取手形、売掛金などは営業の循環過程のなかにあるとされ、棚卸資産などとともに流動資産として扱う。次に負債に移ると企業の営業取引により生じた支払手形、買掛金などは営業循環の過程のなかにあるとされて流動負債となる。営業循環基準によると、ワン・イヤー・ルールによって十分に説明できない売上債権などの扱いを明快に処理できるとされる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。