営業報告書

法人保険用語辞典

営業報告書

営業報告書とは

「商法」に規定されている計算書類の一つ。その営業年度における会社の活動状況を紹介するもの。「商法施行規則」では、営業報告書の記載内容が次のように定められている。①おもな事業内容・営業所・向上、株式の状況、従業員の状況その他の会社の現況、②その営業年度における営業の経過、成果、③親会社との関係、重要な子会社の状況、重要な企業結合の状況、④過去3年間以上の営業成績、財産状況の推移と説明、⑤会社が対処すべき課題、⑥取締役・監査役の氏名など、⑦上位7名以上の大株主、持株数など、⑧おもな借入先、借入額など、⑨その営業年度中に取得した自己株式など。なお、営業部門が分かれている会社では②の記載は部門別に行う。これらの記載は資本金1億円以下の子会社では行わなくてよい。また会計監査人の監査を受ける大会社の場合、会計事項はその監査を受けなければならない。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。