商業銀行主義

法人保険用語辞典

商業銀行主義

商業銀行主義とは

商業銀行は、その本質が短期金融機関であるから、短期の預金を資金源とし、短期の商業貸付を行うことのみを業務とすべきであるという考え方。預金銀行主義ともいう。こうした考え方の背景には、商業貸付は商取引をその裏付けとするため、基本的には時期が来ればほぼ自動的に返済されるものであり(これをself-liquidatingという)、設備投資等への長期の資金投下に比べリスクが小さく、貸付と同時に為替・決済業務を取り扱う「銀行」はこうしたリスクの小さい業務に専念するべきであるとの理念があるといわれる。この典型は、18世紀頃の英国商業銀行のサウンド・バンキングに見出すことができる。

これに対して、1つの金融機関が長短両金融業務を行うことを兼営銀行主義という。日本の近代的銀行制度の導入も、この商業銀行主義の理念の下で行われた。戦後は、商業銀行にあたる普通銀行が徐々に長期金融も行うようになったため(これを長短金融の分離規制は、資金調達サイドでのみ比較的厳格に存続)、日本では実質的には兼営銀行主義がとられてきたともいえる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。