同時決済(DVP)

法人保険用語辞典

同時決済(DVP)

同時決済(DVP)とは

証券取引のように、資金と証券双方の受け渡しを伴う双務契約型の取引においては、決済日当日における資金と証券の受け渡しが別々に行われると、一方の当事者が先渡しリスクを負う。このリスクを削減するためには、資金・証券の同時決済(DVP:Delivery Versus Payment)が必要である。日本では国債の決済につき、1994年4月以降、日銀ネットにおいては国債の受け渡しを行うシステムとリンクされ(国債DVPシステム)、資金と証券の同時決済が可能となっている。なお、外為取引の決済において、時差の関係等からDVPが実現していないために生ずる先渡しリスクは、通常ヘルシュタット・リスクと呼ばれる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。