合理的証拠(reasonable evidence)

法人保険用語辞典

合理的証拠(reasonable evidence)

合理的証拠(reasonable evidence)とは

監査人が監査意見を形成するに当たって、この意見を裏付ける証拠を入手しなければならないが、その証拠は必要以上に証拠力が強大であったり、入手の不可能なものであってはならない。

合理的な証拠とは、必要かつ十分で入手可能であることが大切な用件とされる。つまり、監査対象の重要性や危険性(不正、誤謬が発生する程度)が大きい場合には強い証拠を、反対に少ない場合には弱い証拠でよいとされるし、監査費用についての経済性なども合わせ考慮しながら合理的な証拠を求めることが望まれる。このような要件を満たしたものが合理的証拠である。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。