合併転換法

法人保険用語辞典

合併転換法

合併転換法とは

異種金融機関(普通銀行、長期信用銀行、信用金庫、信用組合、労働金庫)相互の合併および転換の制度を設けた法律で、正式には「金融機関の合併及び転換に関する法律」(1968年6月施行)という。金融制度調査会の「中小企業金融のあり方について」(67年10月)の答申に基づいて制定された。金融機関が異業種間も含めて相互に適正な競争を行うことができるような環境を整備し、金融の効率化を図ることを主目的としている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。