受託業務

法人保険用語辞典

受託業務

受託業務とは

かつて日本の社宅制度において受託とは、銀行または信託会社が発行会社より委託を受け、商法に基づく「募集の受託会社」および担保付社債信託法に基づく「担保の受託」としての職務を引受けることを指していた。それが1993年10月の商法改正によって、商法に基づく受託業務は、

①当初事務の代行
②期中事務代行
③社債管理会社業務

に分離され、「募集の受託会社」は廃止となった。そしてそれに代わる制度として、社債権者を保護するために社債の管理を行う社債管理会社の原則的措置が強制されることとなった。

一方、従来受託会社が行っていた事務のうち申込証の作成、諸契約の作成、社債権の調整等についてはその業務遂行の主体に資格制度はなくなり誰でも行うことができるようになった。これに対し、「担保の受託会社」とは、担保付社債について、社債の発行者である委託会社との間の信託契約に基づき、社債権者のために社債の担保権を取得し、その管理・実行にあたる者で、主務官庁の免許を受けた銀行・信託会社に限られている。しかし、実務的には、担保の受託会社と社債管理会社は同一の金融機関が兼務することが多い。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。