受取手形(notes receivable)

法人保険用語辞典

受取手形(notes receivable)

受取手形(notes receivable)とは

手形は法律上、約束手形、為替手形の区別があるが、会計上では受け取った手形はいずれも金銭債権を表すものとみて、扱いは同じである。他から受け取った手形のほかに自己受取の為替手形を振り出す場合なども含める。会計上は会社の通常の営業取引に基づいて発生した手形であるか、営業外の取引によって得た手形なのか――という区分が重視される。営業外による分は別に区分して扱うが、ただし、それが資産総額の100分の1以下の場合には、通常の取引に基づく分に含めてもよいとされている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。