取引(transaction)

法人保険用語辞典

取引(transaction)

取引(transaction)とは

通常、使われる商取引の意味とは異なり、会計のうえで取引とは資産、負債、資本の各増減の6要素と収益、費用の発生の2要素との計8要素を取り合わせて成立する。したがって資産、負債、資本、収益、費用に増減が発生することを取引と呼ぶ。取引の種類として、①損益に関係する損益取引と損益に関係しない交換取引、②事業年度の初めの開始取引と期中の営業取引あるいは決算に際しての決算取引、③企業内部における内部取引と外部を相手とした外部取引――などがあげられる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。