原価計算基準(costing standards)

法人保険用語辞典

原価計算基準(costing standards)

原価計算基準(costing standards)とは

大蔵省の企業会計審議会が昭和37年11年に中間報告として設定したもの、原価計算の実践規範である。原価計算は財務諸表作成、原価管理、予算管理、価格計算、経営基本計画などの多様な目的に役立つように形成される必要があるとされる。こうした諸目的を調整し、かつ一定の計算秩序のもとに常時、継続的に行われるように原価計算を制度化するうえで原価計算基準の果たす役割は大きいとされる。ただし、原価計算基準は個別企業の原価計算手続きを機械的に規制するのではなく、基本的な枠組みを示したもので、弾力的に準拠することが望まれている。また、原価計算基準は企業会計原則の一環として監査基準などとともに企業会計の基準を形成し、その原価計算の分野を受け持つという意義を持っている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。