原価差異(cost variances)

法人保険用語辞典

原価差異(cost variances)

原価差異(cost variances)とは

実際原価計算で予定価格や予定配賦率によって算出した原価あるいは標準原価計算における標準原価などと実際発生額との間の食い違いをいう。うち標準原価と実際発生額との差異を標準差異とも呼ぶ。原価差異は財務会計のうえで適正に処理し、製品原価・損益を確定し、分析結果を原価管理に利用する。

(1)実際原価計算における原価差異は、
①材料副費配賦差異
②材料受入価格差異
③材料消費価格差異
④賃率差異
⑤製造間接費配賦差異
⑥加工費配賦差異
⑦補助部門費配賦差異
⑧振替差異
――に分けられる。

(2)標準原価計算における原価差異は、
①材料受入価格差異
②直接材料費差異
③直接労務費差異
④製造間接費差異
――に分けられる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。