原価主義会計(historical cost accounting)

法人保険用語辞典

原価主義会計(historical cost accounting)

原価主義会計(historical cost accounting)とは

原価基準に基づく会計方式であり、「企業会計原則」や「商法」などで採用されている。未実現利益や評価益などを排除するなど堅実な会計方式とされる。

ただし、物価変動などには対応することむずかしい。これを補うために時価情報の開示などが行われる。取得原価主義会計ともいう。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。