厚生年金基金

法人保険用語辞典

厚生年金基金

厚生年金基金とは

公的年金である厚生年金に上乗せするかたちで企業が従業員の福利厚生のために用意している企業が年金制度(1963年開始)。企業や企業グループ、あるいは同業種の中小企業が合同して設立し、公的年金である厚生年金保険の給付を一部代行するほか、企業独自の年金を上乗せして給付を行う。基金の年金資金は積立金の運用益を主な財源としている。なお、近年運用成績不振により積立金不足を生じる基金が相次いだため、厚生省でも見直しを検討している。具体的には、現在一律5.5%となっている予定利率を、一定のガイドラインのもとに基金が自由に設定できるように改めることや、支給水準の見直し、資産運用規制の緩和などである

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。