単元株制度

法人保険用語辞典

単元株制度

単元株制度とは

一定の数の株式を一単元の株式とする制度。一定の数という規定であるが、数が多過ぎると株主の利益を損ねるから、1単元の株式数は1,000及び発行済み株主総数の200分の1を超えることはできない。株主の議決権は、1単元に1個とする。これに伴い、従来の発行済み株式総数を基準とした「商法」上の定義、要件などは議決権数が基準となる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。