労働3法

法人保険用語辞典

労働3法

労働3法とは

労働関係を規定、調整する3つの労働基本法のことで、労働組合法、労働関係調整法、労働基準法の総称。労働組合法は、①労働者が使用者と対等の立場で交渉できるようにし、その地位の向上を図る、②労働者が労働条件について交渉するため労働組合を組織し、団結することを保証する、③労使関係を規制する労働協約を締結するための団体交渉をすること、その手続きを助成すること――を目的とした法律。また労働関係調整法は、労使関係の公正な調整を図り、労働協議を予防し、経済の発展に寄与することを目的とした法律で、あっせん、調停、仲裁などについて規定している。労働基準法は労働条件の具体的な取り決めをしている法律である。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。