創立費

法人保険用語辞典

創立費

創立費とは

会社は設立に際して設立費用(事務所の賃借料、定款・目論見書などの作成費用、設立事務に関する費用など)を支払うが、うち定款で会社が負担することを決めている額および発起人に対する報酬、設立登記の登録税などを創立費または創業費という。創立費は繰延資産とすることが認められているが、会社成立後5年以内に均等額以上を償却しなければならない。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。