創業者利得(founder’s profits)

法人保険用語辞典

創業者利得(founder’s profits)

創業者利得(founder’s profits)とは

企業の創業者、あるいは株式発行を引き受けた人は、株式市場における時価と、額面あるいは創業のときの引き受け値段との差額(プレミアム)を取得することができる。これを創業者利得という。額面100円、配当率年1割、つまり1株について10年の配当をする企業があるとする。そのときの一般利子率を年6分とすれば、その株の値段は166円余。この値段に株数を乗じたものが擬制資本で、それから現実資本(実際の資本)を差し引いた残りが、企業の利得となり、これを創業者利得という。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。