分担契約

法人保険用語辞典

分担契約

分担契約とは

複数の保険者が、同一の被保険利益について、それぞれ保険金額(または保険価額)の一定割合または一定金額を分担して引受ける場合に、各保険者の引受分を分担契約という。共同保険では、幹事会社が大蔵大臣の許可を得て業務の代理または事務の代行の業務を行い、一つの保険証券で引受けることができるが、各保険者は、それぞれ保険証券記載の保険金額または引受割合に応じて連帯することなく単独別個に保険契約上の権利を有するとともに義務を負う。したがって被保険者に対して連帯責任を負うものではない。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。