円建て外債

法人保険用語辞典

円建て外債

円建て外債とは

外国政府、政府関連機関、国際機関、海外民間企業などの非居住者が日本市場で発行する円建て債券。公募債と私募債があり、特に前者はサムライ・ボンドという名で呼ばれている。1970年12月に発行されたアジア開発銀行債が第1号。86年頃からユーロ円債に比べた発行コスト高などから、ユーロ市場へのシフトがみられていた。しかし、92年の適債基準の緩和を受けた開発途上国関連の起債増加により持ち直し、起債者にとっての円高リスクの後退や相対的に低い円金利水準、個人の外債投資ニーズなどから起債は増加している。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。