内部者取引

法人保険用語辞典

内部者取引

内部者取引とは

自社ないし他社の機密の情報を業務上知り得る者が、利益をあげるためにそれを利用して行う証券取引。インサイダー取引ともいう。証券取引で内部者取引が行われると、一般投資家が不利益を被るので、投資家保護のと健全な証券市場の発展の見地から、こうした取引は各国の証券取引法等で規制されている。日本における内部者取引の法的規制は、従来の規定が不十分であったため、1988年に、証券取引法が改正され、刑事罰則が整備されたほか、92年には証券取引等監視委員会が設置され、市場のモニタリング強化が図られた。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。