公定歩合(official discount rate)

法人保険用語辞典

公定歩合(official discount rate)

公定歩合(official discount rate)とは

中央銀行が民間金融機関に対して貸出を行う際に適用する基準金利のこと。日本の場合、①「商業手形割引歩合ならびに国債、特に指定する債券または商業手形に準ずる手形を担保とする貸付利子歩合」と②「その他のものを担保とする貸付利子歩合」の2種類があり、②は①よりも0.25%高い水準に設定されている。通常①が公定歩合と呼ばれている。公定歩合の変更は、日本銀行の金融政策に対する基本的スタンスを示すシグナルとして受け止められ、いわゆるアナウンスメント効果を有する。また、公定歩合変更に伴う各種金利の変動は、金融機関の貸出行動や企業、家計の投資、消費行動に影響を及ぼすことになる(これを「コスト効果」と呼ぶ」)。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。