債権の評価(valuation of account receivable)

法人保険用語辞典

債権の評価(valuation of account receivable)

債権の評価(valuation of account receivable)とは

受取手形、売掛金、貸付金などの債権金額、取得金額から貸倒見積額に基づいて計上した貸倒引当金を控除した金額を貸借対照表価額とする。評価は次の三区分に分類される。

(1)一般債権:債務者の財政状態・経営成績が特に問題のない債権(正常債権)。この場合は、過去の貸倒実績率等の合理的な基準によって貸倒見積額を算定する。

(2)貸倒懸念債権:債務者が経営破綻の状態ではないが債務の返済ができない可能性が高い債権(危険債務)。この場合は、次のどちらかの方法によって貸倒見積額を算定する。
①債権額から担保の処分見込額、保証による回収見込額を減額し、残額について貸倒見積額を算定する。
②債権の元本の回収、利息の受取りに関わるキャッシュ・フローを見積もることができる場合は当初の約定利子率で割り引いた金額と債権の帳簿価額との差額を貸倒見積額とする。

(3)破産更生債権等:債務者が経営破綻となっている場合。このケースでは、債権額から担保の処分見込額、保証による回収見込額を減額し、残額を貸倒見積額とする。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。