偶発債務(contingent)

法人保険用語辞典

偶発債務(contingent)

偶発債務(contingent)とは

現実に発生していない債務であるが、将来においてその企業の負担となる可能性のあるもの。「財務諸表規則取扱要領」では、債務の保証、引き渡し済みの請負作業または売り渡し済みの商品に対する各種の保証、係争事件にかかる賠償義務、先物売買契約、受注契約などをあげている。偶発債務は貸借対照表に注記することが要求されている。発生の可能性の高いものには引当金を計上する。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。