保険料即収の原則

法人保険用語辞典

保険料即収の原則

保険料即収の原則とは

保険契約の締結と同時に保険料全額を領収するという原則である。一般的に、無事故で保険期間が終了した後に保険料を進んで支払う者はまれであろうと考えられることから、保険料は保険期間開始までに領収しない限りこれをもれなく取り立てることは困難である。そして、保険料が領収できない契約についても危険負担を行うとすると、他の善意の契約者の利益を害することになる。本原則はこうした保険事業経営の特殊事情が根拠となっている。なお、保険料の分割払契約などには、この原則は適用されない。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。