保険契約(contract of insurance)

法人保険用語辞典

保険契約(contract of insurance)

保険契約(contract of insurance)とは

保険契約とは、形式的な法律概念として捉える限り、当事者の一方(保険者)が、一定の偶然な事故(保険事故)が発生したときに、契約上定められた財産的給付(保険金の支払)を行うことを約し、相手方(保険契約者)がこれに報酬(保険料)を支払うことを約することによって、その効力を生ずる契約であるということができる(商法第629条、第673条)。なお、保険契約の性質については、①有償、②双務、③諾成、④不要式、⑤射倖、⑥善意、⑦附合、の各契約性があげられる。さらに、株式会社等の営利企業が保険者である場合には商行為性という性質が追加される。相互会社が保険者の場合は法形式的には商行為性は認められないが実質上は同様の性質があると考えられている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。