保険契約者保護基金(policyholders’ protection fund)

法人保険用語辞典

保険契約者保護基金(policyholders’ protection fund)

保険契約者保護基金(policyholders' protection fund)とは

「保険契約者保護基金」は、平成8年4月の保険業法の改正を機に保険会社の経営危機対応制度として、保険契約の移転等の円滑な実施を援助することにより保険契約者等の保護を図り、もって保険業に対する信頼性を維持するため創設された。基金の事業内容は、破綻保険会社の契約を継承し、保険責任を履行する等の救済保険会社に対する資金援助と、一時的な流動性不足に陥った会社への資金貸付の2つ。損害保険業界では日本損害保険協会が運営主体となって「損害保険契約者保護基金」が設立された。1破綻当たりの資金援助は300億円を上限とし、実際に問題が発生してからの事後拠出制をとっている。一方、生命保険業界では、生命保険協会が運営主体となって、「生命保険契約支援制度」が設立された。支援限度額は1破綻会社当たり2,000億円となっている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。