価値連鎖(value chain)

法人保険用語辞典

価値連鎖(value chain)

価値連鎖(value chain)とは

米国の産業組織論とマーケティングの学者であるマイケル・ポーターが1985年に発表した『競争優位の戦略』の中で提言したもの。ポーターによると、価値とは買い手が会社の提供するものに進んで払ってくれる金額。つまり、会社の製品につけられた価格と売れる量の積である。この価値が製品をつくるのに要したコストを上回ると、会社は収益を手にする。一方、価値連鎖は価値をつくる活動とマージンから成る。

価値をつくる活動は以下の2つから成り、②は①の連鎖活動を支援する。
①購買、製造、出荷、販売・マーケティング、サービスの主活動
②調達、人事、技術、全般管理の支援活動

ポーターいわく、価値連鎖を形成しそれぞれの活動を分析し、競争業者のそれと比較すると、どの違いが競争優位の違いになっているかが明らかになるから、競争優位を調べるには付加価値よりも価値連鎖を分析する方が適切である。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。