企業間信用(inter-enterprise credit)

法人保険用語辞典

企業間信用(inter-enterprise credit)

企業間信用(inter-enterprise credit)とは

企業が営業取引を行っているうちに発生した他企業との貸借関係で、相互に信用を授受していることをいう。具体的には、売上債権と買入債務とを指す。売上債権は相手方に対して代金の決済を持つ、つまり信用を与えているわけで、与信的な性格を帯びる。一方、買入債務は代金の決済を延ばしてもらうわけであるから信用を受けることを意味し、受信的な性格を持つ。売上債権>買入債務の場合は与信超過型、これに対して買入債務>売上債権の場合は受信超過型とされている。一般に、大企業は与信超過型、中小企業は受信超過型となっている。企業間信用は経済の発達に伴って増大するが、とりわけ金融引き締め期には増加する。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。