企業体理論(entity theory)

法人保険用語辞典

企業体理論(entity theory)

企業体理論(entity theory)とは

企業会計の主体は企業体であると解し、その企業体を中心として会計理論を構成したもの。企業会計の主体を所有主と解する所有主理論と対立した考え方とされている。企業体理論の立場に立つと貸借対照表等式(資産=負債+資本)が示すように、負債と資本とは同じ次元にあるということになり、企業体そのものが認識されることになると説かれている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号