企業会計原則

法人保険用語辞典

企業会計原則

企業会計原則とは

企業会計の実務を通じて慣習として形成されてきたもののなかから、公正・妥当とされる基準を要約したもので、企業は会計処理に際してこれに従わねばならないとされている。昭和24年に当時の経済安定本部、企業会計制度対策調査会の中間報告として設定され、その後、大蔵省企業会計審議会の手で一部修正が行われてきている。「企業会計原則」は一般原則、損益計算書原則、貸借対照表原則の三つの部分から成り、別に企業会計原則注解がある。

そのうち、
①一般原則は企業会計の基本的な原則を示したもので真実性、正規の簿記、資本取引と損益取引との区分、明瞭性、継続性、保守主義、単一性の7原則を規定している。
②損益計算書原則は、企業の経営成績を明らかにするために会計期間における損益を正しく計算し、表示するように定めたもので、発生主義、費用・収益対応などの原則をうたっている。
③貸借対照表原則は企業の財政状態を明らかにするために資産、負債・資本を適正に処理して、これらを表示するように定めている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。