任意積立金(voluntary reserve)

法人保険用語辞典

任意積立金(voluntary reserve)

任意積立金(voluntary reserve)とは

会社が利益金を処分する場合に株主総会の決議、定款、契約などに基づいて設ける積立金。法定準備金のように、法律によるものではないということから任意という。

具体的には、退職給与積立金、配当平均積立金、事業拡張積立金、新築積立金、自家保険積立金などのように目的を定めた積立金と別途積立金のように目的を定めていないものとがある。任意積立金は資本の欠損のてん補に充てたり、積立の目的通りに使う(例:退職給与積立金を取り崩し、退職給与を支払う)のに充てたりする。

目的は定めた積立金を目的通りに使う場合には取締役会の決議によって取り崩すことができるが、目的を定めた積立金を目的外に使ったり、別途積立金を取り崩すには、株主総会の承認が必要とされている。任意積立金は、さらに積極積立金と消極積立金とに分けられることもある。積極積立金とは、積立金を目的に従って使ったあとでも依然として残ることになるものをいう。減債積立金、新築積立金などがその例とされる。消極積立金は積立金を取り崩して使用するとなくなるもので配当平均積立金などが代表例である。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号