人為的低金利政策

法人保険用語辞典

人為的低金利政策

人為的低金利政策とは

日本の高度成長期には、各種の金利規制により金利を人為的に低く抑え、企業の資金調達コストを引き下げて投資を促進する政策が採られたといわれることが多い。こうした政策を人為的低金利政策と呼ぶ。こうした低金利の維持が可能であったのは、日本の場合貯蓄性向が極めて高く、低金利の下でも旺盛な貯蓄需要が存在したことに加え、規制金利の預貯金以外の金融商品を制約して、金利裁定機会をほとんどなくしていたこと、等によるものといわれている。もっとも、企業の借入金利に関しては、拘束預金の存在等により実効ベースでは市場メカニズムに近い調整がなされていたとの見方や、預金金利についても、手数料を課さない付加的なサービス(集金サービス等)の存在や窓口での景品配布等によりある程度低金利の埋め合わせがなされていたとの説もあり、こうした政策が実際にどの程度有効に働いていたかについては、疑問を呈する議論も多い。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。