二要因理論(two factor theory)

法人保険用語辞典

二要因理論(two factor theory)

二要因理論(two factor theory)とは

職務の満足は個人の職務内容に関連する要因(たとえば仕事の達成、やり甲斐のある仕事、重い責任など)と関係し、不満足は個人の職務環境に関連する要因(たとえば会社の方針と管理、人間関係、監督者の質、賃金、労働条件など)とそれぞれ関係しているという説。

ハーズバーグは前者を「動機づけ要因」、後者を「衛生要因」と名付けた。「動機づけ要因」は個人の心理的成長を促し、自己実現を満たし、動機づけに直接貢献する。一方、「衛生要因」は、予防的、環境的なもので、それ自体、個人の成長はもたらさないが、それがなければ、従業員の不平不満のもとになる。

この二要因理論を現実に経営に応用するには①仕事を複雑にする、②職務に成長の可能性を残す、③高度の課業を与える、④職務が個人的価値と個性にマッチする--などが重要だとハーズバーグは言っている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。