中間配当(interim dividend)

法人保険用語辞典

中間配当(interim dividend)

中間配当(interim dividend)とは

年1回決算の会社の場合、決算が終わって配当するわけだが、それとは別に決算期間の中間に行う配当をいう。中間配当をするには、あらかじめ定款で定めておく必要があり、取締役会の決議によって金銭を分配する。一般に、中間配当は原資との関係で後払いと前払いとの二つが考えられる。後払いは前期の決算で配当の原資が確保され、それが前期の配当と当期に入っての中間配当とに振り向けられるとするもの。前払いは、当期の中間配当の原資はその後の決算において確定する利益で、そこから前払いとして支払われるとみるものである。「商法」は後払いの考え方に立っている。中間配当も通常の配当の場合と同様に、資本を食いつぶすことのないようにとの配慮から、制限条項や利益準備金を積み立てる規定が適用される。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。