中間目標(intermediate target)

法人保険用語辞典

中間目標(intermediate target)

中間目標(intermediate target)とは

金融政策の効果が最終目標に達するには通常長い時間がかかるため、最終目標の達成度合いにより政策の効果を直ちに評価するのは一般に困難である。このような場合、最終目標と密接かつ安定的な関係にあり、しかも政策効果が比較的短期のうちに顕現化する指標があれば、政策当局は最終目標の達成を直接のターゲットとするのではなく、そうした指標を中間に介在する目標としてみながら政策を運営することができる。このような指標を金融政策運営上の中間目標という。以前は、中間目標としてはマネーサプライが重視される場合が多かったが、1980年代後半以降は、金融革新・自由化の進展等により、マネーサプライと実体経済との関係が不安定化する傾向がみられ、現在ではマネーサプライに加え、インフレ率、実質金利等の指標についても総合的に判断していこうとの動きが強まっている。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。