三要素式利源別配当方式(three-factor contribution plan)

法人保険用語辞典

三要素式利源別配当方式(three-factor contribution plan)

三要素式利源別配当方式(three-factor contribution plan)とは

生命保険における契約者配当金を計算する方式。生命保険契約の剰余金は、実際利回りが予定利率を上回るときに生じた利差益、実際死亡率が予定死亡率より下回ったときに生じた死差益、実際経費がまかなわれたことによって乗じた費差益の3つの源泉から生じたもの。したがって、その他の損益がなければこの剰余金が契約者配当金の利源となる。個々の契約に対して契約者配当金を算出する際、上記3つの源泉に沿って行うやり方を三要素式利源別配当方式という。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。