一般分離課税制度

法人保険用語辞典

一般分離課税制度

一般分離課税制度とは

預貯金利子等にかかる所得税について、小額貯蓄非課税制度および源泉選択課税制度の代わりに1988年4月の改正租税特別措置法により導入された税制改革策のひとつ。一般の預貯金利子所得については他の所得と切り離し、一律に一定率の源泉課税を行う一方、高齢者(65歳以上)、身体障害者等には非課税制度が設けられている。この制度は微税事務が大幅に簡素化されるメリットがあるが、所得額にかかわらず同一の税率が適用されるため、金持ち優遇になるとの批判がある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。