一時帰休制(system of temporary release from work)

法人保険用語辞典

一時帰休制(system of temporary release from work)

一時帰休制(system of temporary release from work)とは

景気が悪くなって、企業が操業を短縮すると、当然人員が余ってくる。こうした余剰人員企業在席のまま生産ラインから一時的に外すことを一時帰休制という。

一時帰休の方法は景気後退の度合い、業態などによって違うが、一般的には景気後退の度合いが軽いほど飛び石の形で休ませ、景気後退が深刻になると連続して長期にわたって休ませることが多い。休んだ日の賃金は休業補償の名目で基準内賃金の7割以上というのが普通。一時帰休制は解雇ではないから、米国のレイオフとは違う。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号