一時差異

法人保険用語辞典

一時差異

一時差異とは

税効果会計の用語。会計上の貸借対照表に計上されている資産、負債の金額と税務上、計算される資産、負債の金額との差額をいう。

例えば会社が減価償却を税法の限度を越えて実施すると、会計上の貸借対照表では資産の金額は償却限度超過分だけ少なく表示される。一方、税務上、計算される資産の金額は償却限度超過分は否認されるので、会計上と比べると多く表示される。一時差異には将来減算一時差異(将来、一時差異が解消するときにその期の課税所得を減額する)と将来加算一時差異(将来、一時差異が解消するときにその期の課税所得を増額する)とがある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。