ワーカホリズム(workaholism)

法人保険用語辞典

ワーカホリズム(workaholism)

ワーカホリズム(workaholism)とは

work(働く)とalcoholism(アルコール中毒)の2つを合わせて作った言葉で、「働き中毒」と訳す。初めにこの言葉を使ったのは米国・ケンタッキー州レイビルにある進学校のウェイン・オーツ博士。人間がまるで何かに強制されたように働き続ける状態のことを指す。それが酒を飲まずにはいられないアルコール中毒患者に似ているところから、この名がつけられた。この症状が悪化するのは40歳代が多く、早めに治療しないと慢性になってしまうと関係者は警告している。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。