ワン・イヤー・ルール(one year rule)

法人保険用語辞典

ワン・イヤー・ルール(one year rule)

ワン・イヤー・ルール(one year rule)とは

1年基準。資産、負債をそれぞれ流動、固定の各項目に区分する基準の一つで、貸借対照表日の翌日から計算して1年以内に期限がくる資産、負債をそれぞれ流動資産、流動負債とし、一方、1年を越えるものを固定資産、固定負債とする。

この基準は簡明であるが、例外も少なくない。棚卸資産は1年を超えても、つねに流動しさんであるし、固定資産は耐用年数が経過し、残りが1年を下回っても流動資産として扱わない。―-というのはワン・イヤー・ルールの“泣きどころ”とされる。このため、資産、負債の評価基準として営業循環基準が主役とされ、これを補足するのがワン・イヤー・ルールとされる。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。

ご相談のお客様専用窓口 電話でのご相談のお客様専用電話番号