ワラント債

法人保険用語辞典

ワラント債

ワラント債とは

あらかじめ定められた条件で、将来新株式を購入できる権利(ワラント)と普通社債を組み合わせた新株引受権付社債。ワラントと社債部分を分離して売買できる「分離型」と、分離できない「非分離型」がある。日本では国内発行市場を活性化するため、1985年11月から分離型ワラント債発行が解禁された。ワラント債は、新株引受権付きという点で、転換社債と類似しているほか、ワラント部分は実質的に株式のコール・オプションである。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。