リテール・バンキング

法人保険用語辞典

リテール・バンキング

リテール・バンキングとは

個人大衆を業務の主対象とする銀行経営のことで、ホールセール・バンキングに対する用語。従来銀行は大口の企業金融を中心としてきたが、個人の金融資産の増大や金利選好の高まり、エレクトロニクス技術の発達による小口サービスコストの低下から、大衆を対象とする銀行業務も収益性を期待しるう業務となった。この業務のためには全国的な店舗網や多用なサービス提供が必要で、米国のシティバンクなどが典型例である。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。