リダンダンシー(redundancy)

法人保険用語辞典

リダンダンシー(redundancy)

リダンダンシー(redundancy)とは

冗長性。「ムダの効用」という言葉があるが、信頼性、安全性を高めるためには冗長性が必要。しかし、冗長性をあまり高めると、製品の重量、容量、コスト、保全工数などがかさみ、文字通りムダになる。そこで信頼性を100%保ちながら、いかにしてムダを最小にするかが信頼性設計上の大きな課題となる。リダンダンシーには待機冗長(ある要素または手段が規定の機能を遂行している間、他の要素または手段は故障時に切り替え得る状態にある冗長性)と並列冗長(2つ以上の要素または手段により、負荷を分担して動作する冗長性)の2種類がある。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。