メキシコ・ペソ危機

法人保険用語辞典

メキシコ・ペソ危機

メキシコ・ペソ危機とは

1994年12月、メキシコ政府がペソ切り下げや変動相場制への移行を実施したのを契機に発生した通貨危機。通貨危機発生の原因は、メキシコ国内の政情不安と経営収支赤字の大幅な拡大であり、それらを背景としてペソが大幅に売られた。これに対してメキシコ政府は先に述べたペソ切り下げ、変動相場制への移行を実施したが、かえってメキシコ経済の脆弱性への不安を世界に認識させる形になり、ペソ危機は一段と深刻化した。こうした為替相場の混乱は、海外資金の国外流出を招き株価が暴落したほか、ペソ安による輸入品の価格上昇がインフレ要因にもなるほど、メキシコ経済全体に悪影響を及ぼした。また、メキシコ経済への悪影響のみならず、他の新興経済諸国の通貨・株価、ERM内の弱体通貨の売り圧力が強まるなどの悪影響を及ぼした。

あいうえお索引

お気軽にお問い合わせください

 北は北海道、南は沖縄まで日本国内であればどこでもご利用いただけます。お客様の地域に関わらず、事務所にご訪問してのお打ち合わせ・ご相談も承っております。どうぞお気軽にご相談をいただければ幸いです。また、ご相談に対する交通費や相談料は頂いておりませんので 、どうぞお気軽にお問い合わせを頂ければ幸いです。